ニュースリリース画像

法改正情報

ご存知ですか?「無期転換ルール」(第二種計画認定・変更申請書)

  • icon2017.12.08
  • icon法改正 
  • icon株式会社ソビア

平成25年4月の労働契約法の改正により、「無期転換ルール」が導入されています。

このルールにより、同一の使用者との有期労働契約が「5年」を超えて繰り返し更新された場合に、労働者から申込みがされると、使用者は無期労働契約への転換をする必要があります。

つまり、平成30年4月より労働契約法の無期転換ルールに基づく無期転換の申込みが増加するかと予想されます。その中でも、『定年退職後の継続雇用の高齢者』に関しては、無期転換ルールの特例が定められております。
「第二種計画認定・変更申請書」を作成の上、都道府県労働局に提出し、認定を受けると、この特例の適用を受けることができ、無期転換申込権を発生させないことができます。

本件につきまして、詳しい情報をご希望の際には弊社までご連絡いただければ幸いです。

ご参考:
・第二種計画認定・変更申請
・有期契約労働者の無期転換ポータルサイト

この記事を書いた人

株式会社ソビア ホワイト企業認定サービスの運営を中心に採用メディアの展開、人事コンサルティングを強みとした事業を展開。 「お客様の夢中をうみだす」ことを理念とし、多くの大手企業のご支援とコンサルティング実施の実績を持つ。