ニュースリリース画像

法改正情報

障害者の法定雇用率が引き上げ(障害者雇用率)

  • icon2017.12.22
  • icon法改正 
  • icon株式会社ソビア

平成30年4月1日から、障害者の法定雇用率が0.2%上昇します。
(※民間企業だと 2.0% ⇒ 2.2%)

つまり、障害者を雇用しなければならない民間企業の事業主の範囲が、従業員50人以上から45.5人以上に変わります。また平成33年4月までには、更に0.1%引き上げとなります。

従業員数カウントが45.5名以上(※正社員などの常時雇用者は1人で1カウント、雇用保険だけの加入のパートタイマーなどは1人で0.5カウント)ですと、障害者雇用状況をハローワークに報告しなければなりません。

本件につきまして、詳しい情報をご希望の際には弊所担当までご連絡いただければ幸いです。

ご参考:厚生労働省|障害者の法定雇用率が引き上げについて

この記事を書いた人

株式会社ソビア ホワイト企業認定サービスの運営を中心に採用メディアの展開、人事コンサルティングを強みとした事業を展開。 「お客様の夢中をうみだす」ことを理念とし、多くの大手企業のご支援とコンサルティング実施の実績を持つ。